君がいるから明日がある

河合くん、圭人、相葉ちゃん、岸くんが心の支え

掛け持ちというものに苦悩する話

どうも!4月1日に自担の誕生日という大きなイベントを終えてホッとしてます。カウントダウンアイコンを終えてやっと毎日0時を気にしなくて済む…。

 

2015年8月にHey! Say! JUMPの担当になった後、ザ少年倶楽部を見ていてもJr.の数人しか分からず1時間が結構暇で苦痛で仕方なかった。だって岸くんは歌っても1曲ぐらい…その頃はMr.King vs Mr.Prince*1だったのですごく優遇されていたものの、デビュー組もJr.の他のグループも分からない…そんな状態じゃ5分ほどの為に1時間見ているってだけだ…暇で当然…だから一念発起した!少クラメンバーを覚えようと!!

 

まずはSexy Zoneだった。知らなかったのは松島聡ちゃんだけだったけど…センターは中島健人だと思っていた…だって「Sexy Thank you♡」とかいう人はセンターじゃないの?と思った。今考えるととんでもない思い込みだが。少クラと並行して、Sexy Zone CHANNEL*2を見ていたのでどんどんセクゾの魅力にハマっていった。ちょうど、3人体制という理不尽な誰も得がない事態から、聡ちゃんとマリウスも入った正真正銘のSexy Zoneに戻ったタイミングだった。好きになるにはいいタイミング。と思って、CDも探し始めた(とても流されやすい

 

次はジャニーズWEST。少クラ司会の桐山照史くん、は顔をすごく覚えていた。顔だけなら藤井流星くんも覚えた。主演のドラマ*3を見たのだ!目的は元・ももいろクローバー早見あかりだった。だから流星は役名しか知らなかった。が顔が濃くて覚えやすかった…。あとは濵田崇裕くん。リトルトーキョーライブ*4でロケに行って機材トラブルに遭っているのを見ていたのだ*5

他の4人はとにかくコツコツ覚えた。7人だから大変だ。Hey! Say! JUMPは9人覚えられるのに!衣装がメンバーカラーになっていたからまずは色と名前を一致させた。それから衣装が色別になっていたらそれで見分けた。しかし一緒の衣装だと分からないとかそんな苦悩を乗り越えて、WESTを覚えたのだった…。

 

最後はA.B.C-Zだった。1番興味無いと思ったから、最後だったのだがそれはとんだ思い違いだった。

ほとんどいつもメンバーカラーの衣装だったから覚えやすかった。河合くんは少クラ司会だったし、フットボールアワーの後藤さんに似ていた。塚ちゃんはアウト×デラックスで有名だったし、SASUKEも初登場から見ていた。とっつーはJUMPの最年長、薮宏太のお友達として雑誌でよく書かれていて認識していた(雑w)はっしーはそれこそJUMPのメンバーとJr.時代のグループ*6が同じだったから覚えていた。私の頭はそれ程までにHey! Say! JUMPが中心だった。

五関さんだけ知らなかったけど、あと1人認識するのは簡単だ!認識を自覚したら、歌も見る気になる。それは2015年11月だった。

 

初めてA.B.C-Zのパフォーマンスを見た。何の曲かは覚えていないけど、彼らは全力だった。私はとにかく踊るグループ、アクロバットをするグループが好きだった。だからA.B.C-Zを好きになるのはもう天命だったのかも知れない。あぁ、Jr.時代のA.B.C.*7をジャニヲタになる前に偶然見て「まだデビューしてないの!?」って言ってたから運命だったんだ。

その日から河合くんはフットボールアワーの後藤さんには見えなくなった。何て勝手な目。まさかあの河合くんがあんなにアクロバットできるとは、踊れるとは思わずギャップに堕ちた。もっとA.B.C-Zを見たくなった。DVDを探し始めた。

 

セクゾのCD、A.B.C-ZのDVDを同時に探していた。しかし本音はA.B.C-Zは今だけだろう。セクゾを力入れて探さないと」と思っていた。でも1番大好きなのはHey! Say! JUMPだった。まだ現場に入った事もないけど、JUMPのCDとDVDがとても高騰していたからファン活動にお金が掛かるのは目に見えていた。だから悩んだ…私は掛け持ち出来る?

 

掛け持ちといったら嵐は?ともなるが、正直お茶の間でTVとCDだけ。手間もなかったから悩む対象ですらなかった。ファンが多過ぎるから力を入れる気にもならなかったのだ。それまでも嵐のお茶の間しながら、女子ドルヲタやってたし。

 

年末にたくさんの歌番組を見た。ジャニーズの大晦日カウントダウンコンサートも見た。JUMPも出ていたから気もそぞろだったのは間違いないが、でも悩んでいた。約4ヵ月悩んだ。

年が明け、セクゾはコンサートが決まり、何だか流されるままにFCに入ったがコンサートには行かれず、CDを聴き始めると思った。曲が自分のタイプのものではないと。シングルの表題曲は好きだけど、カップリングやソロ曲になると全くだ。聴いても右から左…合わない。何だかんだで風磨カッコイイ!*8となったけど、だから曲も好きになれるという所までは到達しなかった。

 

そんな時初披露を見たのがA.B.C-Zの新曲、花言葉だった。私の苦手なバラードだったけど、ただ立って歌うだけじゃなかったし、もちろん歌詞も気に入った。踊りも、衣装も好きだった。こんなに素敵な曲歌うグループ、ちゃんと応援したいと思った。DVDやCDも全部集めたい。曲ももっと知りたい、全部知りたい。コンサートにも行きたい。もちろん前提に河合くんが好き、グループ全員好きだというのがあった。というのもグループ全員好きじゃないと推さないという、自分ルールがあったから。

こうして思いがけない、JUMPとA.B.C-Zの掛け持ち生活が始まった。

 

*1:2015年テレ朝サマーステーション応援サポーターだった

*2:伝説のSexy Zone冠番組

*3:アゲイン!!

*4:現・リトルトーキョーライフ

*5:当時は生放送

*6:J.J.Express

*7:はっしー加入前の頃のグループ名。のちのA.B.C-Z

*8:ちょうど「時をかける少女」の出演とタイミングが被った